安藤組グループとして

安藤組グループは「自然は・・・いのち」をグループスローガンとして、

「喜んで働く」を命題に、自然と調和し“さすが安藤組グループ”と仰っていただける

唯一無二の企業集団を目指し走り続けます。

またグループで骨材製造、産業廃棄物中間処理、生コンクリートの生産・販売から

運輸、建設、また車輌整備にいたるまで、一貫して行うことができます。

会社概要

名称 安藤組グループ
創業 1946年(昭和21年)
会社名 株式会社 安藤組
菅睦建設 株式会社
有限会社 安藤運輸
安藤整備工業 株式会社
株式会社 A.パワー
代表取締役 安藤政則
従業員数 200名(2016年9月現在/※グループ連結)

● 安藤組グループ【企業理念】

『さすが安藤組グループ』と仰っていただける

世の中に無くてはならない
唯一無二の企業集団であり続けます。


● 安藤組グループ【経営理念】

  • 社業を通して地域社会への貢献をはかる
  • 製品の高品質を目指す
  • 顧客の要求に応える製品づくりを目指す
昭和21年
(1946)
創業者・安藤政治により農業機械販売を開始。
昭和28年
(1953)
砂利採取・販売業を主とした安藤砂利店を設立。
昭和34年
(1959)
安藤砂利店を安藤組へ名称変更。
安藤自動車整備工場を創業。
昭和37年
(1962)
建設業を併営。
昭和40年
(1965)
安藤組を株式会社に改組。
昭和43年
(1968)
生コン製造販売を開始。
安藤自動車整備工場を法人化し、
安藤整備工業株式会社とする。(設立)
昭和44年
(1969)
全自動プラントに建替え。
昭和45年
(1970)
本社生コン工場が日本工業規格表示工場になる。
昭和46年
(1971)
遊佐町に生コン第2工場を開設。
昭和47年
(1972)
砕石部門に進出。
山形県朝日村(現・鶴岡市)に砕石工場開設。
第2工場(遊佐工場)が日本工業規格表示工場になる。
昭和52年
(1977)
庄内生コン共同組合設立と共に加入。
昭和59年
(1984)
建築部門に進出し、一級建築士事務所を開設。
昭和60年
(1985)
一般建設業が特定建設業に変更(山形県知事許可 第700108号)。
遊佐町の宝砕石工業株式会社を事業継承。
昭和61年
(1986)
建設部門に進出し、余目営業所を開設。
平成2年
(1990)
不動産部門に進出し、宅地建物取引業を開設。
平成4年
(1992)
有限会社安藤運輸を設立。
平成7年
(1995)
産業廃棄物処理業に進出。
産業廃棄物中間処理業および産業廃棄物収集運搬業の許可を取得。
平成8年
(1996)
創業者・安藤政治が急逝。
安藤政則が2代目代表取締役社長に就任。
平成12年
(2000)
ISO9001、ISO9002認証取得(建築物設計・施工、生コンと骨材の製造・土木構造物の施工)。
平成14年
(2002)
本社生コン工場を「アドコン」、遊佐町生コン工場を「アドコンゆざ」へ改称。
平成17年
(2005)
宝彩石(旧 宝砕石)株式会社を株式会社安藤組へ合併。
鶴岡市生コン工場「アドコンつるおか」を稼働。
平成18年
(2006)
鶴岡市の菅睦建設株式会社と株式会社安藤組の建設部門が新設合併し、菅睦建設株式会社を発足。
特定建設業許可取得(山形県知事許可(特-18)第701691号。
アドコンつるおかが日本工業規格表示工場になる。
平成22年
(2010)
アグリ事業部設立。
平成26年
(2014)
風力発電事業を目的とした株式会社A.パワーを設立。
第1基目の風力発電所が秋田県三種町に竣工。
宮城県仙台市に生コン製造工場「アドコン仙台」を開設・稼働。
平成27年
(2015)
アドコン仙台が日本工業規格表示工場になる。

平成28年
(2016)

創業70周年(7月17日)
農業機械実演販売の様子

農業機械実演販売の様子

2代目社長の幼少期

2代目社長の幼少期

創業者 安藤政治

創業者 安藤政治

昭和21年に安藤組グループの原点である「安藤農機店」として農機具を販売していた頃、日頃の感謝を込めてお客さまにお配りしていた手ぬぐいです。
旧余目営業所(みどり工房)

旧余目営業所(みどり工房)

安藤組 旧大型ダンプ

安藤組 旧大型ダンプ

2代目社長 安藤政則

2代目社長 安藤政則


おかげさまで2016年(平成28年)7月17日で創業70周年を迎えました。

多くの方々の支えにより今日まで歩むことができた足跡をご覧ください。

ページトップ

自然は…いのち 安藤組グループ

© Andogumi Corporation.